これから熱帯魚の飼育を始めようとしている方にお勧めの「熱帯魚飼育本」を紹介します。

熱帯魚飼育を始める際、水槽や濾過装置、キャビネット、そして熱帯魚(生体)の購入代金だけでも高くつきます。
90cmを越す大型水槽の場合セットで揃えると10万円以上かかってくる場合があります。
育て始めた熱帯魚が1週間で死んでしまった・・・・・。
そんな失敗しないためにはしっかりとどんな水槽・アクアリウムを作るのか計画を立ててるところからスタートしましょう。
父親の影響で子供の頃から水槽に囲まれて生活してきましたので水槽作りには少しうるさい私がお勧めする書籍です。
  1. はじめての熱帯魚&水草の育て方 初心者に最適な書籍です。基本的な熱帯魚(ネオンテトラ、グッピー、コリドラスから、レッドビーシュリンプまで120種類)の飼育方法や水草の育て方など。迷ったらこれを購入しておけば間違いありません。初心者向け水槽レイアウト実例も掲載されています。
  2. 最新 はじめての熱帯魚と水草―飼い方・育て方がすぐわかる (主婦の友ベストBOOKS) 人気種や定番種まで、熱帯魚や水草の飼育方法を写真とともに紹介しています。見本となる水槽レイアウトや熱帯魚の病気・健康管理・混泳テクニックなども解説しています。
  3. アクアリウムのつくり方・楽しみ方 私も持っている一冊です。TVチャンピオンの水中ディスプレイ王選手権で2年連続優勝を果たした千田義洋さんの書籍。プロが教える指南書です。器具の選び方から水槽の設置法まで網羅。レイアウトにこだわりたい人には特にお勧めする一冊です。ただ初心者には少しハードルが高い部分もあるので初心者の方は「はじめての熱帯魚&水草の育て方」も一緒に購入しておきたいところです。
  4. 世界の熱帯魚&水草カタログ 2012年版 (SEIBIDO MOOK) 幅広い熱帯魚を掲載しています。熱帯魚選びにこだわりたい方は必見の書籍です。辞書的においておきたい一冊なので、初心者の方は
    「はじめての熱帯魚&水草の育て方」も合わせて購入しておきたい。
この4冊で水槽・アクアリウムの基本は完璧でしょう。
お金が許せば4冊とも購入しておきたいところですがどれか一冊といわれれば「はじめての熱帯魚&水草の育て方」がお勧めです。